子母口富士見台古墳

 富士見台古墳は全国に同じような名の古墳がいくつもあり地名をつけて子母口富士見台古墳と呼ばれクリックすると写真を原寸侮ヲできます神奈川県川崎市高津区子母口富士見台の丘陵上にあります。訪れる場合の目印とするものは、富士見塚古墳公園です。
 写真にあるように、墳丘は一部が損傷していますが主要部分は風雪を自然な形で耐えた状態でおおむね残っています。
 墳丘は単純な円形をしており円墳と呼ばれ全国の古墳の中でもっとも多数を占める古墳の形式を持っています。
 墳丘の規模は、墳丘の径が17.5mで高さ3.7mと測られています。
 基本的には土が盛られて造られたものなので1500年あまりの年月の風雪に耐えながらも自然崩壊などもありますから、これらの規模の計測数値は必ずしも確定的なものではありません。
 だいたいどの位置からでも墳丘を観察することができまが、住居のため一部からの観察はあまりよくありません。
 古墳は富士見台古墳公園内に保存されています。
 車を駐車する場所がないため路上駐車となります。
 古墳の概要を説明したパネルがあります。
 見つけやすい古墳ですので古墳めぐりをはじめられて間もない方には最適なところかもしれません。
 富士見台古墳群を構成しています。
 いまは神奈川県に取り込まれていますが多摩川沿岸の武蔵地域は毛野国の文化圏に近いものとされています。
 この古墳の築造は資料が不足しているため特定できていません。
 
周辺の検索周辺の古墳
別名称 
所在地神奈川県川崎市
高津区子母口富士見台
形 式円墳
規 模直 径17.5 m
高 さ3.7 m
築 造 
参 考 
 文 献
神奈川県の古墳散歩
詳細
地図



周辺の古墳
周辺の神社
周辺の城跡
資料館
古墳公園
ほかの
言語を
選択  
flag
英語
flag
スペイン語
flag
フランス語
flag
イタリア語
flag
ドイツ語
flag
ポルトガル語
スライドショー




- 古墳詳細 -