七ツぐろ1号墳

 固有の通称はなく古墳群に通番をつけて七ツぐろ1号墳とされ岡山県岡山市北区津島笹ケ瀬の丘陵尾根上にあります。
 墳丘は一部が損傷していますが主要部分は風雪を自然な形で耐えた状態でおおむね残っています。
 吉備の国で特徴的阜サで、漢字では「土に丸」とかかれます。土で盛られた区画であることを意味しており、塚に該当します。
 七ツぐろ1号墳の地図 現地へ訪れてはいませんので現在の状況などの点で資料が中心に説明を加えました。
 資料の読み方や、発行時期などからすでに破壊されている場合もありますので、もし破壊されている場合は過去にこのような古墳があったと理解してください。
 墳丘は鍵穴のような形をした日本独特な形式で前方後円墳の主墳部分である円墳部分を方墳形式にした前方後方墳と呼ばれるものです。
 また先端に向かって曲線的に広がりを示す特徴的な前方部を持っておりもし後方部が円形なら箸墓古墳型の古墳とされるものです。
 墳丘の規模は、後方部の辺20m、高さ2.6mで、前方部の最大幅は15m、高さ2.4mを測り、墳丘全長は45.1mとなっています。
 また、前方部と後方部のつなぎ目である括れ部の幅は10.5mとされています。
 基本的には土が盛られて造られたものなので1500年あまりの年月の風雪に耐えながらも自然崩壊などもありますから、これらの規模の計測数値は必ずしも確定的なものではありません。
 左右くびれ部に造り出し部の付設が確認されています。
 器台形埴輪、壺形埴輪、都月式埴輪、異形埴輪などが採取されており墳丘には埴輪の配列がなされていました。
 葺石が墳丘に施されていたとみられています。
 発掘調査が1986年に行われています。
 主体部は3つ確認されております。
 後方部頂中央にある埋葬施設は第1石槨とよばれ竪穴式石室で割竹形木棺が収められていました。
 竪穴式石室は古銅輝石安山岩でつくられ全長5.3m幅1.0〜1.2m高さ0.9mと測られています。
 出土したものとして中国製方格規矩鏡、キ鳳鏡、碧玉製管玉、鉄剣、鉄刀、鉄鏃、針、直刀鎌、有袋鉄斧、板状鉄斧、ヤリガンナ、刀子などが知られています。
 後方部頂北西にある埋葬施設は第2石槨とよばれ竪穴式石室となっています。
 竪穴式石室は花崗岩でつくられ全長2.5m幅0.55〜0.65m高さ0.5mと測られています。
 出土したものとして倭製変形獣帯鏡、鉄剣、鎌、有袋鉄斧、板状鉄斧、刀子、ヤリガンナなどが知られています。
 前方部頂にある埋葬施設は前方部石槨とよばれ竪穴式石室となっています。
 竪穴式石室は花崗岩でつくられ全長2.8m幅0.37m高さ0.4mと測られています。
 七ツぐろ古墳群を構成しています。
 古代において吉備地域は畿内地域以外で200mを超える巨大古墳を築造しうる一大文化圏を築いておりましたが古墳時代後期ごろには畿内の文化圏にのみこまれています。
 この古墳の築造は古墳時代の発生期にあたる3世紀後半ごろと推定されています。
 また古墳とは直接関係ありませんが、近くの観光スポットとして日本三大名園である後楽園をはじめ岡山城などがあります。
 
周辺の検索周辺の古墳
別名称 
所在地岡山県岡山市
北区津島笹ケ瀬
形 式ばち形の前方後方墳
規 模全 長45.1 m
後方部一辺長20 m
高 さ2.6 m
前方部先端幅15 m
高 さ2.4 m
築 造3世紀後半
参 考 
 文 献
 
詳細
地図



周辺の古墳
周辺の神社
周辺の城跡
資料館
古墳公園




- 古墳詳細 -