下作延稲荷塚古墳

 稲荷塚古墳は全国に同じような名の古墳がいくつもあり地名をつけて下作延稲荷塚古墳と呼ばれクリックすると写真を原寸侮ヲできます神奈川県川崎市高津区下作延の霊園のはずれの81区のとなりにあります。訪れる場合の目印とするものは、緑ケ丘霊園です。
 写真にあるように、墳丘は一部が損傷していますが主要部分は風雪を自然な形で耐えた状態でおおむね残っています。
 墳丘は単純な円形をしており円墳と呼ばれ全国の古墳の中でもっとも多数を占める古墳の形式を持っています。
 墳丘の規模は、墳丘の径が27mで高さ2.9mと測られています。
 基本的には土が盛られて造られたものなので1500年あまりの年月の風雪に耐えながらも自然崩壊などもありますから、これらの規模の計測数値は必ずしも確定的なものではありません。
 馬形埴輪などが採取されており墳丘には埴輪の配列がなされていました。
 どの位置からでも墳丘を観察することができます。
 古墳は緑ケ丘霊園内に保存されています。
 霊園参拝者用の駐車場がそばにあります。
 車を駐車する場所とトイレなどの施設もありますから家族連れや古墳めぐりを始められたばかりの方にも最適な場所です。
 また、久地駅からそれほど遠くはないので車を利用されない方でも訪れるのに苦労することはありません。
 いまは神奈川県に取り込まれていますが多摩川沿岸の武蔵地域は毛野国の文化圏に近いものとされています。
 この古墳の築造は古墳時代の後期にあたる6世紀後半ごろと推定されています。
 
周辺の検索周辺の古墳
別名称 
所在地神奈川県川崎市
高津区下作延
形 式円墳
規 模直 径27 m
高 さ2.9 m
築 造6世紀後半
参 考 
 文 献
神奈川県の古墳散歩
詳細
地図



周辺の古墳
周辺の神社
周辺の城跡
資料館
古墳公園
ほかの
言語を
選択  
flag
英語
flag
スペイン語
flag
フランス語
flag
イタリア語
flag
ドイツ語
flag
ポルトガル語
スライドショー




- 古墳詳細 -