平塚古墳
 平塚古墳と呼ばれ大阪府羽曳野市島泉の陵南の森の北にあります。訪れる場合の目印とするものは、陵南の森です。
 宮内庁は丹比高鷲原陵と呼び雄略天皇の陵墓として管理しています。
 墳丘は単純な四角の形をしており方墳と呼ばれるものですが単純な形式のわりに全国の古墳の中では比較的少数でしかありません。
 墳丘の規模についてはいくつかの点が天皇陵のため不明ですが、墳丘の一辺が60mと測られています。
 一部からしか墳丘を観察することができません。
 近くには陵南の森歴史展示室があり徒歩でいける所にあり出土品などを展示しています。
 車を駐車するスペースがそばにあります。
 宮内庁により陵墓の名称と被葬者を示した標識が立っています。
 現地を確認したわけではありませんが、道路地図や資料から判断する限りでは、駐車する施設も近くにはあり、墳丘もよく見渡せることから、古墳めぐりをはじめられて間もない方には最適なところかもしれません。
 また、高鷲駅からそれほど遠くはないので車を利用されない方でも訪れるのに苦労することはありません。
 宮内庁が前提に治定している古墳であるため学術的調査は行われていません。
 古市古墳群を構成しています。
 この古墳の築造は古墳時代の中期と推定されています。
 
別名称丹比高鷲原陵
所在地大阪府羽曳野市島泉
形 式方墳
規 模一 辺60 m
高 さ m
築 造中期
埋葬者雄略天皇
参 考 
 文 献
天皇陵総覧
平塚古墳の地図


- 古墳詳細 -